泉玉露応急仮設住宅の餅つき大会に参加してきました。仮設での餅つきは今回で2回目。

一昨年の12月に初めての仮設入りし昨年の餅つき大会は知らない方ばかりでした。

今年は顔見知りの方が多数いて、なんか毎年やっている地元町会の餅つき大会にいるような感覚でした。
2
前日に研いだもち米は90Kgだそうです。
3
4
裏方のお母さん達、この人達なくしては成り立ちません。
 5
6
副会長、N原さん夫婦を静かに見つめる会長のK上さん。
7
8
今年も参加してくれたケーシー高峰さん。
9
私もつかせて頂きました。
10
私が仮設で慕っているS瓶さん。
「はい」 ドスッ 「はい」 ドスッ 「はい」 ドスッ
「いいね」「いいね」とS瓶さん、こうゆう時間を共有できてなんだかとっても嬉しかった。
11
12
お雑煮、おろし餅、あん餅、きなこ餅。真ん中に見えるみかんはケーシー高峰さんからの差し入れ、何十箱もあった。
 13
東京組もお手伝い。
14
搗きたてのお餅、美味しかったぁ!
15
16
17
イベントには毎回参加の「クラップス」。とってもかわいいんです。
18
 「三春ひょとこ踊り一門」の遠藤さん。その道では有名らしい。
19
今年も獅子舞の登場。
20
太極拳。みんな仮設の集会場で習っていてお上手です。
21
 23
ウシトラ旅団さんの綿あめは今年も人気です。
24
25
片付けもみんなで。
26
妻の「ゆっこ」と記念写真。

鉄兵さんいつもすばらしい写真、ありがとうございます。 
もっと餅つきの画像を見たい方は http://www.facebook.com/teppei1224 こちら

今回も色々な話が聞けましが、良い話しばかりではないので今回は無し。

私なりにとっても変化を感じたのはS瓶さんの若い人たちへの接し方。
去年は、「俺は仕事してっけども若いもんはゴロゴロして仕事もしない」と言っていた、
今年は、『〇〇君、「搗くぞ」としきりに若い人に声を掛けていた』、
餅つきの前、〇〇さんと話をした。
私「去年と比べて随分と痩せましたね」
〇〇さん「仕事始まったから、去年はこんなお腹だったもんな」と言っていました。
S瓶さんの変化はどうもここら辺ににあるらしい。

S瓶さんは家族の都合で今年3月に仮設を出てしまう。
行く度に「土曜日来てむこうに泊って(引っ越し先の家)日曜日ここに来て(仮設)帰ればいいべ」と言ってくれます。
帰りがけ、「ボランティアで来る時は忙しいから、遊びがてら泊りに来ます」と言ったら、「それでいんだ」と言ってくれました。

次の日の朝、ゆっこの携帯にN原さんの奥さんから電話がありました、「ゆっこちゃん、ちゃんとお餅食べられた」と、相当疲れてるはずなのにこの人の気遣いはなんなんだと、凄い人だなと思いました。

ゆっこへの電話と餅つきのお礼かたがたメールを送ったらこんな返信が、
メールありがとうございます。なんのおかまいもしないでお手伝いをさせてしまい疲れたでしょう。又、お待ちしています。
恐縮してしまいますよ。マジ。

餅つき、本当にたのしかったぁ~!