いつも同行のしげっち、ゆっこ共に所用で休み。鉄兵さんと二人での仮設入りとなった。

開始の13:00に一人診たが、次が・・・誰も来ない?!
DSC_5486





































DSC_5487



お婆ちゃん達
散歩だそうです











暇なので鉄兵さんと外のベンチでお茶していたらN原さんが来てくれた、一時間近く色々と仮設での問題の話が聞けた(内容はちょっと公にできない話もありお伝えできない)。

N原さん夫婦は泉玉露応急仮設の人々を最後まで見るとずっと言っていたが、ここ数カ月は雰囲気が違ってきた、N原さんも出られるなら仮設から出て行きたいと言っていた。

仮設暮らしは通えば通うほど、話を聞けば聞くほど大変だと思う!

と思えば、あるお婆ちゃんは都会暮らしの息子夫婦の所に居るより仮設で一人でいる方が気楽でいいと言っていた。

今日は一人で終わり?なんて思っていたら、三時から十一人も来てくれた。
DSC_5498
















DSC_5504





































DSC_5525
















DSC_5530





































仮設の方々はイベントの行われる集会場の予定表を見ていないようで、私が行く事を知らなかったみたいです。
集会場での人気はカフェ、週二で曜日が決まっているから予定表は見ないんだそうです。

健康診断、太極拳、足湯、私達くらいしか外から来るイベントないから見ないよね~予定表、仮設に入った頃はボランティアいっぱい入ってたんだけどな。
DSC_5491
















DSC_5492













こうゆうのも見てないんだろうなぁ
























DSC_5490


ナス













DSC_5494


プチトマト













DSC_5495


緑のカーテン?



































DSC_5496


ナス・プチトマト・緑のカーテン・この花達も富岡では地植えだったんだろうな?











月曜日はカフェの日、N原奥さんは支援物資のところてんを葛きりの様にしてみんなに出すと言って、お手製の黒蜜を既に作っていた、こうゆう影の力がないとイベントは成功しないと思う。そのN原奥さん相当お疲れでです。
そうそう、支援物資はの私の問いに、今は一カ月に一回来るか来ないかとN原さんが言っていた。
DSC_5519
















お婆ちゃん「次いつ来てくれんの」

そんなこんなで片付け終わったのは五時過ぎ。

今年の春に仮設を出たS瓶かあさんに遅くなったからと電話したら「ちょっとだけ寄って」とのことでS瓶宅にまたお邪魔してしまった。

色んな話しが聞けた。

山菜採りやマツタケ狩りの話し、フキやワラビの塩漬けはでっかい樽に三つも四つもあったそうだがぶちまけてきたと。

賠償の話も聞いた、S瓶さんは家財の賠償は決まったそうです、あとは家だそうです。
「いくら古いったって何百万か貰ってもここら辺で(いわき)家買えねえべ」
瓦屋根はどこも地震でてっぺんの瓦が落ちてしまった、そこから雨が入り天井も腐っているそうです、当然そこから放射性物質も入ってしまっているわけで・・・屋外の線量より屋内の線量の方が高いそうです!
富岡のS瓶宅は小高い丘の上だそうで屋外は雨風で下に流れて行ってしまったようでこの結果。
坂の下にある地域では今も放射線量が高いそうです。

甘酢のカリカリ梅の漬け方も教わった。これが実に美味しい。
三瓶かあちゃんはこれを直売所で売ってたそうです。

川魚の汚染度が高い理由。S瓶とおちゃんは釣りもするので川底の流れが遅い事、そこに生息する水生昆虫が餌である事。

マムシの話も聞いた。マムシって骨だらけだけどカリカリに焼くと美味しいんですよ!

薪割りの話も聞いた。S瓶とうちゃん何でも自分で作っちゃう!自作油圧の薪割り機ですと!
ほんとうに何でもしてしまう人で越していった家の物置の屋根が朽ちてきていて、S瓶とうちゃん鉄骨買ってきて自分で熔接までして作っている最中だった。

S瓶とうちゃんやS瓶かあちゃんにとっては山で採れる山菜・きのこ。川で獲れる渓流魚。ヘビ。全てが生活であり文化なんだよな、それを全て失った気持ちってどうなんだろう?

私も渓流釣りが趣味なので以前、「おとうさん、一緒に釣りしようよ」「こっちではやんね」と間髪いれずに答えが返ってきた!釣りは趣味じゃないんだと感じたことがあった。

帰りにカリカリ梅、ワラビ、家庭菜園で採れたきゅうり、みず菜、ほうれん草をお土産に頂いてしまった。

S瓶とうちゃん、「でも震災も悪い事ばかりじゃないよな、震災がなければこうして知りあえなかったもんな。毎回、東京の息子がこっちに帰って来るみたいな気持ちだよ」なんて言ってくれる。

7月は選挙で21日は集会場が投票所になるので28日に行く予定です。